三船美佳・高橋ジョージ “未解決”財産分与問題の行方は?

公開日:  更新日:

 高橋ジョージ(57)との泥沼の離婚訴訟が和解というかたちで決着してホッとしたのか、最近は周囲が心配するほどハイテンションの三船美佳(33)。和解成立後の4月初旬、映画のプロモーションに出席した際には、支離滅裂な発言を繰り返し、「ちょっとパッパラパー」と自分でも言うほど“離婚ハイ”な状態なのだ。

 三船の事務所では今後について「これまでどおり、バラエティーのコメンテーターを中心に、頂いた仕事を一生懸命やらせていただく」と言うが、それほどのんきに構えていられる状態ではないはずというのが関係者の共通見解。というのも、「高橋と2人で住んでいた豪邸をめぐる財産分与問題が未解決で、また法廷闘争が繰り返される可能性もある」(ワイドショー関係者)からだ。

■再び“泥沼化”の可能性も

 高橋と三船は2008年に世田谷区内の閑静な住宅街に約150平方メートルの土地を購入して3階建ての新居兼音楽スタジオを建設。13年には隣接する約160平方メートルの土地を購入し、三船の母の住居を建設している。300平方メートル超の2軒の豪邸の権利は高橋と三船家が分け合っており、この土地建物をめぐる財産分与の問題が棚上げになっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る