CM出演も解禁 離婚成立の三船美佳“最強ママタレ”への船出

公開日: 更新日:

 昨年からゴタゴタしていた三船美佳(33)と高橋ジョージ(57)の裁判にようやく決着がついた。

 三船から求めていた慰謝料はナシ、代わりに娘の親権を三船が持つという内容で“両者痛み分け”のように見えるが、「三船側の圧倒的勝利」というのはある関係者だ。

「もともと美佳ちゃんは慰謝料を取る気などなく、16歳から16年間、ずっと自分を束縛してきた高橋と別れられればそれでよかった。逆に高橋は“モラハラ”のレッテルを貼られてしまったので、今後の仕事には支障を来すでしょう」

 仕事ということでいえば、三船は前途洋々だ。まず、ママタレとしてのCMが解禁になる。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「タレントにとって最も大きい収入源はCMです。かつてもトヨタやシダックスなどのCMをやっていますが、これは高橋との共演で“オシドリ夫婦”を装っていた頃のもの。夫婦仲がギクシャクしてからはスポンサーは危なくて使えなかった。それが晴れて決着がついたことで、今度は“ママタレ”として起用する可能性大です。家庭用品や子供服、日用品などで“母娘共演”もありうるんじゃないですか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る