お笑い“もう疲れた” 永野が語る「今後はホラー撮りたい」

公開日: 更新日:

 今やテレビで見ない日はないピン芸人の永野(41)。多忙な中、本紙に語ってくれたのは自身の過去について。取材の前にテレビのロケで食べた激辛グルメによる腹痛をおしてインタビューに応じてくれた。

  ◇  ◇  ◇

 高校時代からお笑いはしたかったんですけど、当時、東京の養成学校はマセキ芸能の日本映画学校(現・日本映画大学)くらいしかなくて、NSC(吉本興業の養成所)は大阪にしかなかった。あとは弟子になるくらいしかお笑いをやる方法が見つからず、ネタの作り方も分からなくて、仕方なく高円寺にある資格系の専門学校に入ったんです。

 今は腹が痛いのでホントのこと言っちゃいますけど、「逃げるようにお笑いの世界に」とか嘘ばっかりついてたけど、そんなドラマチックなストーリーはなくて(笑い)。コンビを組むことも考えたんですけど、学生の頃に面白いと言われていただけで、それをコントとか漫才で形にしようというマジメさもなかった。ただお笑いがはやってたからやっただけで、今ならやらないですね。今だったらフリースタイルダンジョン(即興ラップ)やります、はやってるので。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る