お笑い“もう疲れた” 永野が語る「今後はホラー撮りたい」

公開日:  更新日:

 今やテレビで見ない日はないピン芸人の永野(41)。多忙な中、本紙に語ってくれたのは自身の過去について。取材の前にテレビのロケで食べた激辛グルメによる腹痛をおしてインタビューに応じてくれた。

  ◇  ◇  ◇

 高校時代からお笑いはしたかったんですけど、当時、東京の養成学校はマセキ芸能の日本映画学校(現・日本映画大学)くらいしかなくて、NSC(吉本興業の養成所)は大阪にしかなかった。あとは弟子になるくらいしかお笑いをやる方法が見つからず、ネタの作り方も分からなくて、仕方なく高円寺にある資格系の専門学校に入ったんです。

 今は腹が痛いのでホントのこと言っちゃいますけど、「逃げるようにお笑いの世界に」とか嘘ばっかりついてたけど、そんなドラマチックなストーリーはなくて(笑い)。コンビを組むことも考えたんですけど、学生の頃に面白いと言われていただけで、それをコントとか漫才で形にしようというマジメさもなかった。ただお笑いがはやってたからやっただけで、今ならやらないですね。今だったらフリースタイルダンジョン(即興ラップ)やります、はやってるので。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る