R-1優勝まで苦節24年…ザコシショウを支えた事務所の“粘り”

公開日: 更新日:

 3月6日(日)の「R-1ぐらんぷり2016」(フジテレビ系)で優勝したハリウッドザコシショウが話題だ。

 キムタクなどを真似る“誇張モノマネ”の面白さや黒パンツにテンガロンハットだけの見た目のインパクトに加え、芸歴24年の42歳で、苦労話も盛りだくさんだから、バンバン露出している。ここ数年の「R-1」優勝者の中でもっとも目立っていて、今は人気芸人になれるかどうか、大勝負の真っ最中だ。

 3年前、まったく無名の頃に日刊ゲンダイ本紙インタビューコラム「貧乏物語」に登場。大阪の吉本にいた若い頃になだぎ武、中川家礼二、ケンドーコバヤシを、「みんなマニアックな笑いが好きだったんで、気が合ったんス」と、自分の部屋に泊めていたエピソードなどを披露していた。

 その同年代の4人で1人だけ売れず、上京して事務所を移ってからも自分だけ売れず……「僕は大阪、東京で売れていく芸人をたくさん見てきた」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  8. 8

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  9. 9

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  10. 10

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

もっと見る