どん底も経験 永野の冷めた芸人観「お笑い20年って変態」

公開日: 更新日:

「ゴッホより~普通に~ラッセンが好き~♪」のフレーズで大ブレーク中のピン芸人・永野(41)。かつては「カルト芸人」とも、「売れてはいないが芸人が認める天才」とも呼ばれていただけあって、笑いに対する考え方も突き抜けていた。

  ◇  ◇  ◇

 ネタは連想ゲームみたいな感じで出てきますね。他の人って、例えば漫才とかコントは机に向かって書くと思うんですけど、そうすることで「社会的」になると思うんです。人に伝えようと人向けに書くので。僕の場合は頭で思いついたものを生焼けの状態でそのままやっている。漫才は徐々にブラッシュアップしていくんだろうけど、しないままでやっています。

 ……と、まあカッコ良く言おうとごまかしましたけど、ラッセンとか富士山の猫のネタとか、あれ以上長いものを覚えるのがだるいんですよね(笑い)。長ゼリフ言って、最後に拍手もらっちゃうみたいな、尊敬されちゃうみたいな、ああいうの嫌ですね。お笑いで拍手とか尊敬とかされたら最悪です。僕が一番ほしいのはカネですね。前は全然仕事がなかったので、収入は上がってはいると思います。(月収)100(万円)を超えたことはもちろんありますけど、まだまだです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る