ショーンKも起用…三菱自の失墜を予期させた2本のCM騒動

公開日: 更新日:

■三菱自は社内の意識改革を迫られるタイミング

 岡山商科大教授の長田貴仁氏(経営学)はこう言う。

「保守的な日系企業の多くは自社の広告にタレントを起用する場合、すでに認知度のある“安全パイ”の人物を起用する傾向が強い。しかし、時の人や有名人が複数のCMを掛け持ち出演していると消費者の印象には残らず、本末転倒になりがち。それは企業側も気付いているはずで、メリットは代理店がタレントの関連番組を持つテレビ局へ売り込みやすいことぐらい。ショーンKの起用はその典型でしょう。三菱自はあらゆる社内の意識改革を迫られるタイミングなのかもしれません」

 もっとも、カルロス・ゴーン社長率いる日産自動車の傘下に入ると、いやが応でも変化を求められそうだけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  5. 5

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る