ショーンKも起用…三菱自の失墜を予期させた2本のCM騒動

公開日:  更新日:

 スリーダイヤを冠した名門企業の不祥事は、業界再編の呼び水となる可能性すら出てきた。その裏では「あの2つの騒動は“波乱の予兆”だったんじゃないか」(広告代理店関係者)というヒソヒソ話が聞こえてくる。

 燃費データ偽装に直接関わるわけではないが、実はこの春、三菱自動車にまつわる2本のCMでゴタゴタが起こっているのだ。ひとつは経歴詐称で“引退”に追い込まれたショーンK(48)にまつわる話。三菱自はショーンを絶賛売り出し中のハイブリッド車「アウトランダーPHEV」のCMキャラクターに起用していたため、「三菱自はリサーチ力が低い」「三菱自もだまされた」などとヤユされ、ケチがついてしまったのだ。

 もうひとつは韓国での話。三菱自は中国版CMの広告モデルに韓国の人気女優ソン・ヘギョ(34)を抜擢し、出演オファーしたが、日韓の歴史問題などを理由に断られたというもの。一連の出来事が明らかになった4月半ばには、複数の韓国と中国メディアが〈グループ会社の三菱重工が日本の植民地時代に朝鮮人を強制徴用した戦犯企業だから〉などと報じる事態に。とまあ、立て続けにネガティブな話題で世間の注目を浴びることになってしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る