• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ショーンKも起用…三菱自の失墜を予期させた2本のCM騒動

 スリーダイヤを冠した名門企業の不祥事は、業界再編の呼び水となる可能性すら出てきた。その裏では「あの2つの騒動は“波乱の予兆”だったんじゃないか」(広告代理店関係者)というヒソヒソ話が聞こえてくる。

 燃費データ偽装に直接関わるわけではないが、実はこの春、三菱自動車にまつわる2本のCMでゴタゴタが起こっているのだ。ひとつは経歴詐称で“引退”に追い込まれたショーンK(48)にまつわる話。三菱自はショーンを絶賛売り出し中のハイブリッド車「アウトランダーPHEV」のCMキャラクターに起用していたため、「三菱自はリサーチ力が低い」「三菱自もだまされた」などとヤユされ、ケチがついてしまったのだ。

 もうひとつは韓国での話。三菱自は中国版CMの広告モデルに韓国の人気女優ソン・ヘギョ(34)を抜擢し、出演オファーしたが、日韓の歴史問題などを理由に断られたというもの。一連の出来事が明らかになった4月半ばには、複数の韓国と中国メディアが〈グループ会社の三菱重工が日本の植民地時代に朝鮮人を強制徴用した戦犯企業だから〉などと報じる事態に。とまあ、立て続けにネガティブな話題で世間の注目を浴びることになってしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る