ショーンKも起用…三菱自の失墜を予期させた2本のCM騒動

公開日: 更新日:

 スリーダイヤを冠した名門企業の不祥事は、業界再編の呼び水となる可能性すら出てきた。その裏では「あの2つの騒動は“波乱の予兆”だったんじゃないか」(広告代理店関係者)というヒソヒソ話が聞こえてくる。

 燃費データ偽装に直接関わるわけではないが、実はこの春、三菱自動車にまつわる2本のCMでゴタゴタが起こっているのだ。ひとつは経歴詐称で“引退”に追い込まれたショーンK(48)にまつわる話。三菱自はショーンを絶賛売り出し中のハイブリッド車「アウトランダーPHEV」のCMキャラクターに起用していたため、「三菱自はリサーチ力が低い」「三菱自もだまされた」などとヤユされ、ケチがついてしまったのだ。

 もうひとつは韓国での話。三菱自は中国版CMの広告モデルに韓国の人気女優ソン・ヘギョ(34)を抜擢し、出演オファーしたが、日韓の歴史問題などを理由に断られたというもの。一連の出来事が明らかになった4月半ばには、複数の韓国と中国メディアが〈グループ会社の三菱重工が日本の植民地時代に朝鮮人を強制徴用した戦犯企業だから〉などと報じる事態に。とまあ、立て続けにネガティブな話題で世間の注目を浴びることになってしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る