• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

熾烈なカーチェイスも 清原被告は別人と入れ替わりドロン

 初公判を終え、17日午後4時前に清原和博被告(48)を乗せたとみられるワンボックスカーが裁判所を出ると、2カ月前の保釈時と同じようなカーチェイス状態となった。

 車5台、バイク20台が追跡。外苑東通りから三軒茶屋に向かうと思ったら、青学大付近で急に右折し、そこから渋谷駅方面に方向転換。円山町界隈のラブホ街に入り、六本木に急旋回した。

 “ゴール”は高級ホテルの地下駐車場。ワンボックスカーと追跡車両がマリオカートのように3周ほど“チェイス”し、警備員が「何事ですか!」と大声を上げる場面も。すると、格闘家のような大男が降車し、一斉にフラッシュがたかれたのだが……。

「別人だったのです。裁判所に入る時と同じナンバープレートをつけたワンボックスカーだったのですが、清原被告は乗っていませんでした。我々をまくために直前に入れ替わったのでしょう」(写真誌カメラマン)

 清原被告は都内のマンションに戻ったとみられる。判決公判の2週間後も、再びカーチェイスが繰り広げられることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

もっと見る