いまだ雲隠れも 続いていた清原被告&ハーフ美女の“交際”

公開日:  更新日:

 清原被告が逮捕される直前まで一緒にいたとされる愛人のA子。銀座の超高級クラブで働いていたが、清原被告の逮捕後、銀座の店も辞め、人前に姿を見せなくなっている。

 17日発売の「アサヒ芸能」によると、2人の関係は続いているという。

「A子さんは一時、タレント事務所にも所属していたハーフ美女です。まだ20代前半の現役女子大生でしたが、娘が1人いるシングルマザー。清原被告は彼女にぞっこんで、彼女も清原被告と本気で付き合っていた。A子さんの両親にも挨拶をすませ、結婚は時間の問題だとみられていました」(飲食店関係者)

 A子の父親は、上場企業の執行役員。週刊文春の取材に対して、「娘は清原被告の薬物使用は知らなかった」とA子をかばいながら、「二度とクスリに手を出さないということを約束するんだったら、僕は(交際を)認めます」と、2人が交際を続けることを許していた。

 本紙は16日、A子一家が住む都内のマンションを訪ねたが、父親も母親も姿を現さなかった。同じマンションの住民によると、事件後、A子を見たことはないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る