インタビューは100万円 “金欠”清原被告が必死の売り込み

公開日: 更新日:

 電撃逮捕から106日。いよいよ、清原和博被告(48=覚醒剤取締法違反で逮捕・起訴)の初公判が17日に迫った。20席程度の傍聴席には、傍聴希望者が殺到するとみられている。依然として世間の注目度は高く、マスコミ各社も最新の姿をとらえようと狙っている状況だ。

 しかし、清原サイドの“ガード”は堅く、3月の保釈直後に日テレが病室から外を眺める様子をキャッチして以降、その姿はとらえられていない。現在は都内のマンションで“引きこもり状態”になっているとみられるが、メディアの前に出てくるのはいつなのか。清原被告の関係者は“復帰”へ向け、少しずつ動きだしているという。

■「近影1枚30万円」「インタビュー10分100万円」

「裁判を前に清原被告の支援者がマスコミに“売り込み”をかけているようなんです。近影の写真は1枚30万円、インタビュー映像は10分間で100万円と、具体的な数字も提示している。すでに、ある民放キー局がインタビューを申し込んだとの情報もあります。仕事もなく“金欠状態”の清原被告ですが、当面はメディアに露出して稼ぐしかないのではないか」(メディア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る