• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

インタビューは100万円 “金欠”清原被告が必死の売り込み

 電撃逮捕から106日。いよいよ、清原和博被告(48=覚醒剤取締法違反で逮捕・起訴)の初公判が17日に迫った。20席程度の傍聴席には、傍聴希望者が殺到するとみられている。依然として世間の注目度は高く、マスコミ各社も最新の姿をとらえようと狙っている状況だ。

 しかし、清原サイドの“ガード”は堅く、3月の保釈直後に日テレが病室から外を眺める様子をキャッチして以降、その姿はとらえられていない。現在は都内のマンションで“引きこもり状態”になっているとみられるが、メディアの前に出てくるのはいつなのか。清原被告の関係者は“復帰”へ向け、少しずつ動きだしているという。

■「近影1枚30万円」「インタビュー10分100万円」

「裁判を前に清原被告の支援者がマスコミに“売り込み”をかけているようなんです。近影の写真は1枚30万円、インタビュー映像は10分間で100万円と、具体的な数字も提示している。すでに、ある民放キー局がインタビューを申し込んだとの情報もあります。仕事もなく“金欠状態”の清原被告ですが、当面はメディアに露出して稼ぐしかないのではないか」(メディア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る