初公判で懲役2年6月求刑 清原被告の“潜伏生活と支援組織”

公開日: 更新日:

 逮捕から106日。覚醒剤取締法違反で起訴された清原和博被告(48)の初公判が17日午後、東京地裁で開かれ、検察側は懲役2年6月を求刑した。

 紺色のスーツ、白いワイシャツの姿で入廷した清原被告は「間違いありません」と起訴内容を認めると、本人質問では「大変申し訳ありません」「プロ野球を目指す子供たちにも申し訳ない」と涙ながらに謝罪。

 親友である佐々木主浩・元ベイスターズ投手(48)が出廷し、弁護側の情状証人として「最高のバッター。2回目はないと信じている」などと訴えると、下を向いてハンカチで涙をぬぐい続けた。

 弁護側は情状酌量を求め、公判は即日結審。判決は31日に言い渡される。

■この2カ月間、何をしていたのか

 法廷で「寿命が来るまで闘い続ける」と、覚醒剤との決別を誓った清原被告。3月17日に保釈された後は、そのまま千葉県松戸市の病院に直行。4日後、密かに退院すると、その後は人前から姿を消していた。気になるのは、この2カ月間、どこでなにをしていたのか。再犯の可能性はないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る