初公判で懲役2年6月求刑 清原被告の“潜伏生活と支援組織”

公開日:  更新日:

 逮捕から106日。覚醒剤取締法違反で起訴された清原和博被告(48)の初公判が17日午後、東京地裁で開かれ、検察側は懲役2年6月を求刑した。

 紺色のスーツ、白いワイシャツの姿で入廷した清原被告は「間違いありません」と起訴内容を認めると、本人質問では「大変申し訳ありません」「プロ野球を目指す子供たちにも申し訳ない」と涙ながらに謝罪。

 親友である佐々木主浩・元ベイスターズ投手(48)が出廷し、弁護側の情状証人として「最高のバッター。2回目はないと信じている」などと訴えると、下を向いてハンカチで涙をぬぐい続けた。

 弁護側は情状酌量を求め、公判は即日結審。判決は31日に言い渡される。

■この2カ月間、何をしていたのか

 法廷で「寿命が来るまで闘い続ける」と、覚醒剤との決別を誓った清原被告。3月17日に保釈された後は、そのまま千葉県松戸市の病院に直行。4日後、密かに退院すると、その後は人前から姿を消していた。気になるのは、この2カ月間、どこでなにをしていたのか。再犯の可能性はないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る