後見人は地元実業家 清原被告に「広島移住」再出発プラン

公開日:  更新日:

 覚醒剤取締法違反の罪で逮捕・起訴された、元プロ野球選手の清原和博被告(48)の初公判が17日、東京地裁(吉戒純一裁判官)で開かれ即日結審、検察側の求刑は懲役2年6月だった。

 深刻な常習性が疑われるものの、初犯で罪を認めていることから、執行猶予付きの有罪判決になるとみられているが、警察庁が発表している昨年のデータによれば、覚醒剤事件の再犯率は64.8%。清原被告が該当する40歳代は、それが72.2%にまで跳ね上がる。今年2月に逮捕されて以降、「現役時代から薬物に手を染めていた」との証言が相次いだ清原被告がいつまた、道を踏み外すか分からない。周囲の最大の懸念もそれだ。

■「東京には悪い仲間が多すぎる」

「そこで浮上しているのが、地方移住計画です。東京には、クスリを覚えた清原被告が、一緒に遊び回り、悪さを重ねた仲間がまだ多くいる。暴力団関係者との付き合いもそうだし、手ぐすね引いて待っている売人もいるかもしれない。保釈されてから、清原被告の携帯電話の電源は切りっぱなしになっているといわれていますが、それも筋の悪い人間との関係を断ち切るため。現在の支援者のアドバイスです。東京にいれば、マスコミの取材攻勢にもさらされる。支援者の中には、マスコミ相手に取材謝礼でひと稼ぎしようと企む連中もいますが、少しでも再犯のリスクを減らすため、思い切って環境を変えようという話が出ているそうです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る