争奪戦も…元日テレアナ上田まりえが松竹芸能に決めたワケ

公開日:  更新日:

 今年1月末に日本テレビを退社し、2月からは鶴瓶やよゐこ、キンタロー。などが在籍する「松竹芸能」に所属。女子アナからタレントに華麗なる転身を遂げた上田まりえ(29)。日テレを退社した理由がフリーアナウンサーではなくタレントになるためだというから興味深い。本人に話を聞いた。

――そもそも、なぜタレントに。

「キッカケのひとつは『快脳! マジかるハテナ』という番組でナレーションをアニメ声でやらせてもらったこと。エンドロールで自分の名前が流れるまで、自分の声だと誰にも気づかれなかったのがすごく快感で。表現の仕事をもっと突き詰めたら面白いんじゃないかと思い始めたら、アナウンサーとしてできることより日本テレビから出ないとできないことの方が多くなってきたんです。それから3年間悩んだんですけど、アナウンサーの仕事が大好きだからこそ、ここで次に行くべきじゃないかと思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る