「漂流教室」主演の浅野愛子 22年ぶり女優復帰決断の理由

公開日: 更新日:

 87年、楳図かずおの人気漫画「漂流教室」を、大林宣彦監督が映画化して話題になった。そこでヒロインを務め、鮮烈デビューを飾った女の子がいた。浅野愛子さん(46)だ。映画公開と同時にヌード写真集「夏の妹」を発売してさらに注目されたが、パッタリ見なくなった。今どうしているのか。

■カフェバー切り盛りしながら芝居の稽古

 浅野さんに会ったのは、JR山手線・大塚駅から徒歩3分の和風カフェバー「嵐山」。

「この1月から、お店の“看板”としてお手伝いをしてます。週3、4日、夕方5時にお店に出て、夜11時までお客さまにお酒を作ってお出しする。だけど、これからは女優を本業としてやっていきたいので、発声を勉強し直したり、お芝居のワークショップに参加したり、スポーツジムに通って体をもっと引き締めなくちゃって思ってます。このお店を手伝うようになり、ウチから電車で1時間以上かけて通うため、自然にかなり痩せたんですけどね、フフフ。なんせ22年ぶりなので、ブランクが長くて」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  8. 8

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る