「漂流教室」主演の浅野愛子 22年ぶり女優復帰決断の理由

公開日: 更新日:

 87年、楳図かずおの人気漫画「漂流教室」を、大林宣彦監督が映画化して話題になった。そこでヒロインを務め、鮮烈デビューを飾った女の子がいた。浅野愛子さん(46)だ。映画公開と同時にヌード写真集「夏の妹」を発売してさらに注目されたが、パッタリ見なくなった。今どうしているのか。

■カフェバー切り盛りしながら芝居の稽古

 浅野さんに会ったのは、JR山手線・大塚駅から徒歩3分の和風カフェバー「嵐山」。

「この1月から、お店の“看板”としてお手伝いをしてます。週3、4日、夕方5時にお店に出て、夜11時までお客さまにお酒を作ってお出しする。だけど、これからは女優を本業としてやっていきたいので、発声を勉強し直したり、お芝居のワークショップに参加したり、スポーツジムに通って体をもっと引き締めなくちゃって思ってます。このお店を手伝うようになり、ウチから電車で1時間以上かけて通うため、自然にかなり痩せたんですけどね、フフフ。なんせ22年ぶりなので、ブランクが長くて」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る