「漂流教室」主演の浅野愛子 22年ぶり女優復帰決断の理由

公開日:  更新日:

 87年、楳図かずおの人気漫画「漂流教室」を、大林宣彦監督が映画化して話題になった。そこでヒロインを務め、鮮烈デビューを飾った女の子がいた。浅野愛子さん(46)だ。映画公開と同時にヌード写真集「夏の妹」を発売してさらに注目されたが、パッタリ見なくなった。今どうしているのか。

■カフェバー切り盛りしながら芝居の稽古

 浅野さんに会ったのは、JR山手線・大塚駅から徒歩3分の和風カフェバー「嵐山」。

「この1月から、お店の“看板”としてお手伝いをしてます。週3、4日、夕方5時にお店に出て、夜11時までお客さまにお酒を作ってお出しする。だけど、これからは女優を本業としてやっていきたいので、発声を勉強し直したり、お芝居のワークショップに参加したり、スポーツジムに通って体をもっと引き締めなくちゃって思ってます。このお店を手伝うようになり、ウチから電車で1時間以上かけて通うため、自然にかなり痩せたんですけどね、フフフ。なんせ22年ぶりなので、ブランクが長くて」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る