日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

麻央乳がん公表と海老蔵会見は母・希実子さんが後押しか

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)が9日に会見し、妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)が乳がんを患っていることを公表した。

「1年8カ月も公にならなかったことが奇跡。ホッとする部分もある」などと海老蔵は心情を語ったが、「ここに複雑なものを感じます」と、ある関係者がこう言う。

「病気の影響が麻央さんの外見にも出てきて、はた目にも隠せない状況ということではないでしょうか。極秘入院から一時帰宅などした際、マスコミに見つかって、その様子を撮影され公表されたら本人がかわいそうだし、なんとか守ってやれないか。そんな家族の思いと、『ホッとする』という海老蔵の言葉に、今後マスコミが取材に来ても、隠し立てしなくていい、配慮を促すこともできるという安堵感がにじみ出ていますね」

 麻央の病気は「歌舞伎は報知」と芸能マスコミにいわれるスポーツ報知のスクープだった。

「海老蔵の母、希実子さんが情報と事情を記者に伝え、書かせたのではないか」との臆測が一部で流れている。姑のサポートに麻央が感謝を伝えているかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事