• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

世間は忘れない ベッキーに付きまとう“不倫と嘘”の色眼鏡

「精査してから」と約束通り会見した舛添要一知事だったが、「嘘の上塗り」のような言い訳では誰も納得しない。火に油を注ぐことになり、今後も追及されるのは必定。ピンチに追い込まれた。

 ベッキー(32)も事の始まりは嘘の会見だった。「清純派で優等生タレントの不倫」だけでもダメージなのに、不倫を否定した嘘の会見でベッキーの見方まで変わってしまった。その嘘を裏付けるように不倫相手の“ゲスの極み乙女。”の川谷絵音とのLINEのやりとりが露呈。嘘をつけばボロが出る。そこをメディアに突かれる。

 ベッキーのたどった過程に似てきた舛添氏が次にどんな一手を打つか興味深いが、ベッキーの一手はテレビ出演だった。

「各局、メディアとも幅広い交流があっただけに、公平に謝罪会見がベストだった」という声もあったなか、ベッキーは一番組に収録で出演。不倫と嘘を認めたうえで涙の謝罪は「予定調和」のようでもあったが、とりあえずのみそぎとした。賛否両論あれ、世間の反応を見つつレギュラー番組へ復帰を果たすのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る