日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小林麻央「進行性がん」報道 海老蔵“成田山で得度”の意味

 歌舞伎界に衝撃が走っている。市川海老蔵(38)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)が進行性のがんで闘病中であることがわかった。9日のスポーツ報知が伝えたもので、部位やステージなど進行具合は不明ながら極秘入院して治療を続けているという。

 2人は2010年3月に結婚。麻央は以前は成田屋のおかみさんとして夫が出演している劇場を訪れては贔屓筋などへの対応をしていたが、ここ1年ほどは姿を見せていなかった。また、5月2日のブログで海老蔵は「実は今 マオが少し体調悪いんです」「一番まおが大切です」(原文ママ)と告白。先日は姉の小林麻耶(36)が体調不良でダウンし長期休養を発表したが、妹の闘病と看病による心労がたたったとみられる。

 関係者には厳重な箝口令が敷かれ、夫の海老蔵は仕事を休むことなく、努めて明るく振る舞っているというが、思い出されるのは海老蔵が今月1日にブログで明かした「得度」のことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事