日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キムタクの被災地炊き出し ジャニーズにもう一つの狙い?

「今できることを全力でやって、皆さんの背中を支えられるようになれたらいいなって思います」

 そう挨拶した木村拓哉(43)の言葉に嘘はなくても、ジャニーズ事務所の狙いは被災者支援だけではないようだ。

 木村らジャニーズのタレント3人が石原プロの炊き出しに加わり、このほど熊本地震の被災地でボランティアを行った。

「炊き出し参加を申し入れたのは長瀬智也で、故石原裕次郎さんの生涯を描いたドラマ『弟』に出演したことがあり、そのつながりから渡哲也社長のマネジャーに電話したと報じられています。木村もジョージアのCMで渡と共演しており、その関係から長瀬の申し出に賛同したということです。ただ、少なくともジャニーズの女帝、メリー喜多川副社長にとって、今回の“主役”は長瀬ではなく木村だったのではないか。SMAPの独立解散騒動でのマイナスイメージを食い止める場として、送り出したとしてもおかしくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事