• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SMAPからはキムタクのみ…ジャニーズ主演作“急増”の理由

 ジャニーズ事務所所属俳優の映画主演作が増えている。映画界にこれまで以上にジャニーズ旋風が吹いているのだ。作品を挙げると――。

 今年は長瀬智也主演の「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」、生田斗真の「秘密 THE TOP SECRET」、岡田准一の「海賊とよばれた男」。来年は木村拓哉の「無限の住人」、岡田の「追憶」、大野智の「忍びの国」、山田涼介の「鋼の錬金術師」といった具合である。

 しかも、これらの多くが大作である。アイドル的なパッケージ作品はこれまでも多くあった。それが製作費も潤沢にかけるスケールの大きな娯楽大作に変わりつつある。

 こうした傾向は2014年の最高興収88億円を記録した岡田の「永遠の0」あたりからだろうか。彼らの人気を土台にしつつ、より広範囲な観客を視野に入れ、企画がスケールアップしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る