渦中のブリーフ裁判官 カンニング竹山の“完コピ”に悪ノリ

公開日: 更新日:

 お笑い芸人のカンニング竹山(45)が28日にツイッターに投稿した“パンツ一丁”写真が喝采を浴びている。

 上半身裸で携帯電話を手に持ち、もう片方の手を腰に当てて真顔でポーズを決める竹山。「パンツを新しくした。俺もこの写真はサンミュージックに怒られるのであろうか?」と、所属事務所から叱責されることを心配しているようだが、もちろんこれはネタ。

 竹山のこの姿、SM写真などをツイートして上司の東京高裁長官から口頭で厳重注意を受けた岡口基一裁判官(50)にそっくり。当の岡口判事は今もツイッターの背景画像にブリーフ型水着一丁の写真を堂々掲載しているが、色の違いを除けば、表情やポーズ、アングルまでウリ二つなのだ。

 竹山の投稿には、<竹山さんグッジョブ!><時事ネタ いいね(笑)>といった賛辞が殺到。<「はんけつ」出さなければOKなのかもです>とギャグで返すファンも続出。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る