渦中のブリーフ裁判官 カンニング竹山の“完コピ”に悪ノリ

公開日: 更新日:

 お笑い芸人のカンニング竹山(45)が28日にツイッターに投稿した“パンツ一丁”写真が喝采を浴びている。

 上半身裸で携帯電話を手に持ち、もう片方の手を腰に当てて真顔でポーズを決める竹山。「パンツを新しくした。俺もこの写真はサンミュージックに怒られるのであろうか?」と、所属事務所から叱責されることを心配しているようだが、もちろんこれはネタ。

 竹山のこの姿、SM写真などをツイートして上司の東京高裁長官から口頭で厳重注意を受けた岡口基一裁判官(50)にそっくり。当の岡口判事は今もツイッターの背景画像にブリーフ型水着一丁の写真を堂々掲載しているが、色の違いを除けば、表情やポーズ、アングルまでウリ二つなのだ。

 竹山の投稿には、<竹山さんグッジョブ!><時事ネタ いいね(笑)>といった賛辞が殺到。<「はんけつ」出さなければOKなのかもです>とギャグで返すファンも続出。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る