渦中のブリーフ裁判官 カンニング竹山の“完コピ”に悪ノリ

公開日:  更新日:

 お笑い芸人のカンニング竹山(45)が28日にツイッターに投稿した“パンツ一丁”写真が喝采を浴びている。

 上半身裸で携帯電話を手に持ち、もう片方の手を腰に当てて真顔でポーズを決める竹山。「パンツを新しくした。俺もこの写真はサンミュージックに怒られるのであろうか?」と、所属事務所から叱責されることを心配しているようだが、もちろんこれはネタ。

 竹山のこの姿、SM写真などをツイートして上司の東京高裁長官から口頭で厳重注意を受けた岡口基一裁判官(50)にそっくり。当の岡口判事は今もツイッターの背景画像にブリーフ型水着一丁の写真を堂々掲載しているが、色の違いを除けば、表情やポーズ、アングルまでウリ二つなのだ。

 竹山の投稿には、<竹山さんグッジョブ!><時事ネタ いいね(笑)>といった賛辞が殺到。<「はんけつ」出さなければOKなのかもです>とギャグで返すファンも続出。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る