CMで変わらぬボディコン姿 田中美奈子「再ブーム」確実視

公開日: 更新日:

 7月1日からオンエアされる「Y!mobile」の新CMが放送前から話題だ。月額1980円であることから女優の桐谷美玲(26)が1980年代をテーマに演じているシリーズの続きで、今回の競演相手は女優の田中美奈子(48)。ともにボディコンで踊る内容だが、そのメーキング映像が流れた途端、「田中美奈子、カッコいい」「スタイル抜群! 昔と全然変わらない」の声が殺到しているのだ。

「かつて赤いボディコンでデビューした時の印象は鮮烈でしたね。当時は森高千里とともに“美脚アイドル”の双璧でした。その森高の方はちょっとフックラしてしまいましたが、田中美奈子がかつてのスタイルを維持していたとすると、再ブレーク必至ですね」(芸能評論家の肥留間正明氏)

 最近でもドラマなどではちょくちょく見かけるから、決して“消えて”しまったわけではない。しかし、かつてのように「スタイル売り」というよりは、話題になった「新・牡丹と薔薇」(フジテレビ系)の例を挙げるまでもなく、どちらかというと“意地悪役”が多かった。それが変化する可能性は十分だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る