日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

数十円の切れ端を水着に…佐々木心音の“貧乏グラビア秘話”

 グラビアや映画で活躍中の女優・佐々木心音さん(24)。数年前はお金がないためご飯だけ食べたり、水着に布を縫い合わせたりという生活をしていた――。

■大量の米を買い海苔とごまだけのご飯を…

 中学の時に親が離婚して、お父さんは沖縄に行ってしまいました。それ以来、お母さんと2人きり。お父さんの残した借金があったので、お母さんはすごい頑張って大変でした。だから私、「自分のことは自分でやるから!」と決めて、演劇養成所の年間数十万円の授業料や自分のお小遣いを稼ぐため、高校に入ると居酒屋でバイトです。

 でも、時給が850円くらい。高校生は10時までしか働けなくて、1日4000円にしかならなかったから、お小遣いは残らなかったけど。卒業後は舞台の稽古と本番が2カ月くらいかかるから、バイトをやれず、さらにお金がなかった(笑い)。だから、芝居期間が終わると昼はレストラン、夜は居酒屋、土日はイベントコンパニオンとまとめて働きましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事