ラジオ生暴行 デマ信じた高須克弥院長がツイッターで謝罪

公開日:  更新日:

 東海ラジオ「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」の生放送中に起こった暴行事件をめぐり、一部で炎上騒ぎになっていた“場外乱闘”が決着した。

 逮捕されたパーソナリティーの宮地由紀男容疑者(67)を擁護していた美容外科医の高須克弥院長(71)が1日、自らの発言が不確かな情報に基づいていたとして、「慎んで訂正し謝罪します」とツイートした。

 宮地容疑者は6月27日の放送中、共にパーソナリティーを務める神野三枝さん(50)の唇をマイクで殴るなどして10日間のケガを負わせた疑いが持たれているが、ネット上では暴行のきっかけについて“真偽不明”の情報が拡散。飛び交っていたのは、神野さんが番組の中で宮地容疑者の家族を侮辱した、とする書き込みだった。

 高須院長はこれをいわゆる「まとめサイト」で見た結果、「宮地さんの気持ちわかる。家族を侮辱されたら一発かますのは名古屋の作法」などとツイートしたが、その後、録音された放送内容などからこの書き込みがデマであることが判明。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る