• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラジオ生暴行 デマ信じた高須克弥院長がツイッターで謝罪

 東海ラジオ「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」の生放送中に起こった暴行事件をめぐり、一部で炎上騒ぎになっていた“場外乱闘”が決着した。

 逮捕されたパーソナリティーの宮地由紀男容疑者(67)を擁護していた美容外科医の高須克弥院長(71)が1日、自らの発言が不確かな情報に基づいていたとして、「慎んで訂正し謝罪します」とツイートした。

 宮地容疑者は6月27日の放送中、共にパーソナリティーを務める神野三枝さん(50)の唇をマイクで殴るなどして10日間のケガを負わせた疑いが持たれているが、ネット上では暴行のきっかけについて“真偽不明”の情報が拡散。飛び交っていたのは、神野さんが番組の中で宮地容疑者の家族を侮辱した、とする書き込みだった。

 高須院長はこれをいわゆる「まとめサイト」で見た結果、「宮地さんの気持ちわかる。家族を侮辱されたら一発かますのは名古屋の作法」などとツイートしたが、その後、録音された放送内容などからこの書き込みがデマであることが判明。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る