• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラジオ生暴行 デマ信じた高須克弥院長がツイッターで謝罪

投稿日:  更新日:

 東海ラジオ「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」の生放送中に起こった暴行事件をめぐり、一部で炎上騒ぎになっていた“場外乱闘”が決着した。

 逮捕されたパーソナリティーの宮地由紀男容疑者(67)を擁護していた美容外科医の高須克弥院長(71)が1日、自らの発言が不確かな情報に基づいていたとして、「慎んで訂正し謝罪します」とツイートした。

 宮地容疑者は6月27日の放送中、共にパーソナリティーを務める神野三枝さん(50)の唇をマイクで殴るなどして10日間のケガを負わせた疑いが持たれているが、ネット上では暴行のきっかけについて“真偽不明”の情報が拡散。飛び交っていたのは、神野さんが番組の中で宮地容疑者の家族を侮辱した、とする書き込みだった。

 高須院長はこれをいわゆる「まとめサイト」で見た結果、「宮地さんの気持ちわかる。家族を侮辱されたら一発かますのは名古屋の作法」などとツイートしたが、その後、録音された放送内容などからこの書き込みがデマであることが判明。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る