日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「明日ママ」騒動で再注目 美容外科界の千昌夫・高須克弥の素顔

 スポンサー全8社がCM放送を見送っている日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」のスポンサーに名乗りを上げた。弱いものいじめは許せない、と義憤に駆られて立ち上がった。美容整形で手にした潤沢な資金を充てるという。10億円用意するのも朝飯前と豪語するカリスマドクター。その金回りの良さは、一体どこから来たのか。

■あだ名は「白豚」

 小学校時代のあだ名。色白丸ポチャ、お坊ちゃまの見てくれから命名された。金持ち特有の優越感ひけらかしがウザがられ、いじめの標的に。ノートに落書きされるわ、服を破かれ、石をぶつけられるわの毎日。達者な口で応戦するも、腕っ節の強さと人数の多さで負けてばかりだった。

■人助けに快感

 いじめ体験のトラウマで、困っている人を見捨てておけない。大学時代、白馬岳の診療所で遭難者や急病人治療のボランティアクラブに所属。後年、掃除や児童擁護施設訪問などさまざまに活動。人助けに快感を感じるとさえ豪語。阪神大震災、東日本大震災でも率先して現地入りし、救援物資を送り、被災者の1年間医療費無料を実践した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事