「明日ママ」騒動で再注目 美容外科界の千昌夫・高須克弥の素顔

公開日:  更新日:

 スポンサー全8社がCM放送を見送っている日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」のスポンサーに名乗りを上げた。弱いものいじめは許せない、と義憤に駆られて立ち上がった。美容整形で手にした潤沢な資金を充てるという。10億円用意するのも朝飯前と豪語するカリスマドクター。その金回りの良さは、一体どこから来たのか。

■あだ名は「白豚」

 小学校時代のあだ名。色白丸ポチャ、お坊ちゃまの見てくれから命名された。金持ち特有の優越感ひけらかしがウザがられ、いじめの標的に。ノートに落書きされるわ、服を破かれ、石をぶつけられるわの毎日。達者な口で応戦するも、腕っ節の強さと人数の多さで負けてばかりだった。

■人助けに快感

 いじめ体験のトラウマで、困っている人を見捨てておけない。大学時代、白馬岳の診療所で遭難者や急病人治療のボランティアクラブに所属。後年、掃除や児童擁護施設訪問などさまざまに活動。人助けに快感を感じるとさえ豪語。阪神大震災、東日本大震災でも率先して現地入りし、救援物資を送り、被災者の1年間医療費無料を実践した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る