能年玲奈にエールやまず 最後のブログにコメント1700件超

公開日:  更新日:

 昨年4月の独立騒動以降、“開店休業”状態が続く女優の能年玲奈(22)。所属事務所との契約期限は6月末に迫っており、更新の意思がないとされる能年はいよいよ後がない状況だ。その一方で、能年のブログは以前にも増して盛況ぶりを見せている。

 騒動以降、ブログは能年とファンをつなぐツールとして機能。約3日に1度のペースで更新され、毎回、ファンから300件近いコメントが寄せられていた。ところが、5月に入ると更新のペースはダウン。同月10日で止まっている。

 しかし、最後の更新へのコメントは日増しに増え続け、6月1日午後7時時点で、その数1700件超。<毎日、毎晩ずーっとずっと能年ちゃんを応援してます!><また、元気な姿を見られることを願っています!!>など、以前と変わらぬ声援が送られている。

 その最後の更新のタイトルは「マイラストソング」。能年が慕う女優の小泉今日子(50)が出演する舞台にちなんだタイトルで、小泉とのツーショットを披露。NHKの朝ドラ「あまちゃん」で能年の母親を演じた小泉は、契約満了後の能年を自身の個人事務所に所属させるのではないかと報じられるなど、能年の“後見人”とも目されている。

 はたして、能年はこの先どうするのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る