「のん」で再出発の能年玲奈に因縁の芸能プロが“ノン!”

公開日:  更新日:

 独立引退騒動から1年、「いろいろありまして」と発売中の「FRIDAY」で沈黙を破り、芸名を「のん」に改名しての再出発を宣言した能年玲奈(23)。本人は6月末で所属事務所「レプロエンタテインメント」との契約は終わり、晴れて自由の身になったと思ってのことだったのだろう。ところが、レプロが書面で「現在までその(契約問題の)解決に至っておりません」と反論し、法的対処も視野に入れていると対決姿勢を新たにしたのである。ベテラン芸能記者が言う。

「事務所側は、まずは社長と能年が一対一で話し合う場を持とうとしていたんです。これに、能年は弁護士同席を条件として、応じる構えをみせていたのですが、連絡不通となり、対策を講じていたところ、今回の『FRIDAY』が出た。それで、『聞いてない! どうなってんだ!』となったようです」

 騒動のもとをたどれば、ちょっとしたボタンの掛け違いだったのかもしれない。しかし、この事務所の強硬姿勢により、能年玲奈改め「のん」が活躍する場所は、またまた狭められてしまった。のんは今ごろ「オー、ノン」と、曇天を見上げているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る