• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「のん」で再出発の能年玲奈に因縁の芸能プロが“ノン!”

 独立引退騒動から1年、「いろいろありまして」と発売中の「FRIDAY」で沈黙を破り、芸名を「のん」に改名しての再出発を宣言した能年玲奈(23)。本人は6月末で所属事務所「レプロエンタテインメント」との契約は終わり、晴れて自由の身になったと思ってのことだったのだろう。ところが、レプロが書面で「現在までその(契約問題の)解決に至っておりません」と反論し、法的対処も視野に入れていると対決姿勢を新たにしたのである。ベテラン芸能記者が言う。

「事務所側は、まずは社長と能年が一対一で話し合う場を持とうとしていたんです。これに、能年は弁護士同席を条件として、応じる構えをみせていたのですが、連絡不通となり、対策を講じていたところ、今回の『FRIDAY』が出た。それで、『聞いてない! どうなってんだ!』となったようです」

 騒動のもとをたどれば、ちょっとしたボタンの掛け違いだったのかもしれない。しかし、この事務所の強硬姿勢により、能年玲奈改め「のん」が活躍する場所は、またまた狭められてしまった。のんは今ごろ「オー、ノン」と、曇天を見上げているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る