• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「のん」で再出発の能年玲奈に因縁の芸能プロが“ノン!”

 独立引退騒動から1年、「いろいろありまして」と発売中の「FRIDAY」で沈黙を破り、芸名を「のん」に改名しての再出発を宣言した能年玲奈(23)。本人は6月末で所属事務所「レプロエンタテインメント」との契約は終わり、晴れて自由の身になったと思ってのことだったのだろう。ところが、レプロが書面で「現在までその(契約問題の)解決に至っておりません」と反論し、法的対処も視野に入れていると対決姿勢を新たにしたのである。ベテラン芸能記者が言う。

「事務所側は、まずは社長と能年が一対一で話し合う場を持とうとしていたんです。これに、能年は弁護士同席を条件として、応じる構えをみせていたのですが、連絡不通となり、対策を講じていたところ、今回の『FRIDAY』が出た。それで、『聞いてない! どうなってんだ!』となったようです」

 騒動のもとをたどれば、ちょっとしたボタンの掛け違いだったのかもしれない。しかし、この事務所の強硬姿勢により、能年玲奈改め「のん」が活躍する場所は、またまた狭められてしまった。のんは今ごろ「オー、ノン」と、曇天を見上げているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る