「のん」になった能年玲奈…芸能人の改名と“出世”の関係

公開日:  更新日:

 独立引退騒動の渦中にある女優の能年玲奈(23)の新芸名「のん」。芸能関係者の間でも賛否両論だが、ネットの世界では「『のん』と言ったら、辻希美さんしか思いつかない」とか「フットボールアワーの岩尾望と同じ」なんて声が渦巻いている。しかし、名前自体にあまり神経質になる必要はないだろう。芸能人の名前と「売れる、売れない」の関係はあくまで“結果論”でしかないからだ。

「芸能人の改名でいうと一番有名なのは五木ひろしでしょう。松山まさる→一条英一→三谷謙を経てようやく『五木』にたどり着いた。それも偶然の産物で、本来は『五木治郎』にするはずだったのに、たまたま当時『五木司郎』という歌手がすでにデビューしていたため、苦肉の策で『ひろし』にしただけの話。あまりに“その場しのぎ”で五木自身が呆れたという話があるほど」(音楽関係者)

 今や売れっ子お笑いコンビとなった「さまぁ~ず」(元バカルディ)、「くりぃむしちゅー」(元海砂利水魚)も“改名組”。女性歌手も同様で、華原朋美が元は売れないグラドルだった「遠峯ありさ」、浜崎あゆみも元は「浜崎くるみ」だったのは有名な話。

「まだまだゴマンといますよ。現在、バラエティーで活躍中のYOUは元『江原由希子』だったし、伍代夏子は『星ひろみ』→『加川有希』、夏川りみは『星美里』という具合」(芸能ライター)

「のん」でも「なん」でも売れたら勝ちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る