「のん」になった能年玲奈…芸能人の改名と“出世”の関係

公開日: 更新日:

 独立引退騒動の渦中にある女優の能年玲奈(23)の新芸名「のん」。芸能関係者の間でも賛否両論だが、ネットの世界では「『のん』と言ったら、辻希美さんしか思いつかない」とか「フットボールアワーの岩尾望と同じ」なんて声が渦巻いている。しかし、名前自体にあまり神経質になる必要はないだろう。芸能人の名前と「売れる、売れない」の関係はあくまで“結果論”でしかないからだ。

「芸能人の改名でいうと一番有名なのは五木ひろしでしょう。松山まさる→一条英一→三谷謙を経てようやく『五木』にたどり着いた。それも偶然の産物で、本来は『五木治郎』にするはずだったのに、たまたま当時『五木司郎』という歌手がすでにデビューしていたため、苦肉の策で『ひろし』にしただけの話。あまりに“その場しのぎ”で五木自身が呆れたという話があるほど」(音楽関係者)

 今や売れっ子お笑いコンビとなった「さまぁ~ず」(元バカルディ)、「くりぃむしちゅー」(元海砂利水魚)も“改名組”。女性歌手も同様で、華原朋美が元は売れないグラドルだった「遠峯ありさ」、浜崎あゆみも元は「浜崎くるみ」だったのは有名な話。

「まだまだゴマンといますよ。現在、バラエティーで活躍中のYOUは元『江原由希子』だったし、伍代夏子は『星ひろみ』→『加川有希』、夏川りみは『星美里』という具合」(芸能ライター)

「のん」でも「なん」でも売れたら勝ちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  4. 4

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  5. 5

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  6. 6

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  7. 7

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  8. 8

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  9. 9

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

  10. 10

    侍J主砲の広島・鈴木「今すぐメジャー挑戦」で年俸いくら

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る