能年玲奈改め「のん」 改名再スタートも険しい復帰への道

公開日: 更新日:

「能年……ではなく『のん』になりました」――。

 独立引退騒動の渦中にある女優の能年玲奈(23)が発売中の写真誌「フライデー」に登場。突然、芸名を「のん」に改名したと発表したため大騒ぎになっている。

 同誌で能年は改名の経緯や日常の様子、近況などを報告。そして、〈現状、お仕事は何も決まっていません。でもワクワクしてます! 「表現したい!」という想いが漲っているんです〉と告白。あくまでベースは女優であり、今後はブログやインスタグラムも始めるというのだが……。

 能年は昨年4月に所属事務所「レプロ」からの独立騒動が発覚。能年が無断で個人事務所を設立したためで、今年6月末で契約が終了して以後の動向が注視されていた。

 そんなタイミングで能年は発売中の「週刊文春」の阿川佐和子との対談コーナーに登場。騒動を振り返り、活動再開に向けて意欲を見せていた。そして今回の改名発表である。はたしてレプロとの話し合いは決着したのか、復帰への道筋はついたのか。事情に詳しい芸能関係者がこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る