• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

能年玲奈改め「のん」 改名再スタートも険しい復帰への道

「能年……ではなく『のん』になりました」――。

 独立引退騒動の渦中にある女優の能年玲奈(23)が発売中の写真誌「フライデー」に登場。突然、芸名を「のん」に改名したと発表したため大騒ぎになっている。

 同誌で能年は改名の経緯や日常の様子、近況などを報告。そして、〈現状、お仕事は何も決まっていません。でもワクワクしてます! 「表現したい!」という想いが漲っているんです〉と告白。あくまでベースは女優であり、今後はブログやインスタグラムも始めるというのだが……。

 能年は昨年4月に所属事務所「レプロ」からの独立騒動が発覚。能年が無断で個人事務所を設立したためで、今年6月末で契約が終了して以後の動向が注視されていた。

 そんなタイミングで能年は発売中の「週刊文春」の阿川佐和子との対談コーナーに登場。騒動を振り返り、活動再開に向けて意欲を見せていた。そして今回の改名発表である。はたしてレプロとの話し合いは決着したのか、復帰への道筋はついたのか。事情に詳しい芸能関係者がこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る