二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

「火中の女優は拾わない」 能年玲奈の復活阻む“暗黙の掟”

公開日: 更新日:

 新人アイドルが事務所社長宅に居候する時代があった。“ナベプロ”創成時に社長宅で生活していた歌手の中尾ミエ(69)さんから話を聞いたことがある。

「新人の子はみんな住んでいた時代。社長宅と仕事場の往復だけど、家賃も食事の心配もいらない。田舎から出てきた子にはありがたかった。社長は、“外でデートするならボーイフレンドを呼びなさい”と、社長宅が公認のデート場でした。“家を建てなさい”と給料の一部を貯金してくれたことには今も感謝しています」

 寝食を共にしながら芸能界だけでなく人生の指針も学んだという。今の時代、志望者も拒否するだろうし、ありえない話。

 能年玲奈(22)は所属する事務所社長との会話も拒否するほど関係がこじれていると1年前から喧伝されていた。この6月、契約更改を迎えるにあたり「能年に更新の意思はなく、事務所との交渉は決裂。事実上の芸能界引退」とも報道されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る