• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代表曲歌唱を拒否 あの佐良直美はなぜ歌番組に出演した?

 歌番組より犬猫番組を――。往年のベテラン歌手、佐良直美(71)にこんな声しきり。

 14日に放送されたテレビ東京「夏祭り にっぽんの歌 2016」。佐良はこれにスペシャルゲストとして登場。出演したのは没後25年のいずみたくを追悼したコーナーで、司会の宮本隆治と共に、いずみたくに見いだされた佐良、今陽子がステージに並んだ。後半の最後で12年に録音された佐良の「いいじゃないの幸せならば」が流れ、さらに代表曲「世界は二人のために」になったが、他の出演者は歌ったのに佐良は歌うのを拒否。

「佐良はマイクを手に持ってはいるものの、胸の前で持って、歌わない。隣のピンキーがマイクを上げるように促し、上げたけど、マイクをさかさまに持ち、かたくなに歌うことを拒否して最後まで歌わなかった」(マスコミ関係者)

 何がお気に召さなかったのか不明だが、仮に新人が同じことをやれば袋叩きにされ、歌手生命の危機。佐良はそうはならず“被害”は最小限にとどまったが、視聴者にもスタッフにも不信感を持たれないためには、ハナから断ればいいだけの話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る