代表曲歌唱を拒否 あの佐良直美はなぜ歌番組に出演した?

公開日:  更新日:

 歌番組より犬猫番組を――。往年のベテラン歌手、佐良直美(71)にこんな声しきり。

 14日に放送されたテレビ東京「夏祭り にっぽんの歌 2016」。佐良はこれにスペシャルゲストとして登場。出演したのは没後25年のいずみたくを追悼したコーナーで、司会の宮本隆治と共に、いずみたくに見いだされた佐良、今陽子がステージに並んだ。後半の最後で12年に録音された佐良の「いいじゃないの幸せならば」が流れ、さらに代表曲「世界は二人のために」になったが、他の出演者は歌ったのに佐良は歌うのを拒否。

「佐良はマイクを手に持ってはいるものの、胸の前で持って、歌わない。隣のピンキーがマイクを上げるように促し、上げたけど、マイクをさかさまに持ち、かたくなに歌うことを拒否して最後まで歌わなかった」(マスコミ関係者)

 何がお気に召さなかったのか不明だが、仮に新人が同じことをやれば袋叩きにされ、歌手生命の危機。佐良はそうはならず“被害”は最小限にとどまったが、視聴者にもスタッフにも不信感を持たれないためには、ハナから断ればいいだけの話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る