今やバラエティースター 梅沢富美男が引っ張りダコなワケ

公開日:  更新日:

 中途半端なお笑い芸人だらけのバラエティー番組の中で、一人異彩を放っている俳優がいる。かつて「下町の玉三郎」と呼ばれて大衆演劇のスターとなり、ヒット曲「夢芝居」で紅白歌合戦にも出場経験のある梅沢富美男(65)がその人だ。

 何しろバラエティー出演本数が凄い。公式HPを見ただけでも「プレバト!!」「Momm!!」(TBS系)、「主治医が見つかる診療所」「ありえへん∞世界」(テレビ東京系)、「バイキング」(フジテレビ系)、「ミヤネ屋」「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)、「5時に夢中」「バラいろダンディ」(TOKYO MX)、「芸能人対抗!家族のキズナ歌合戦」(BS日テレ)などなど。

 さらに驚くのは、ただの「口うるさいオジサン」に見られがちだが、見る目・実力も確かなことだ。たとえば、「プレバト!!」の俳句の腕前を競うコーナーでは採点する夏井いつき先生をして「(梅沢の俳句は)直すところがない」と言わしめ、特待生から名人に昇格。また、「ありえへん――」の中の激安牛肉と高級和牛を試食して見分けるコーナーでは、友近や山口もえらが次々間違える中、梅沢はピタリと言い当てている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る