• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高島礼子に代わり番宣行脚 高畑淳子“八面六臂”の立ち回り

 このところ連続ドラマに出ずっぱりの高畑淳子(61)。今年に入って、「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)で謎の中国人役、NHK大河ドラマ「真田丸」でのみやびな母親役、「ドクター調査班」(テレビ東京系)での感情を表に出さないエリート官僚と、幅広い役柄を次々と演じ切った。続く今クールも休むことはなく、「時をかける少女」(日本テレビ系)と「女たちの特捜最前線」の2本に掛け持ち出演している。

 立て続けに演じてきたのは、役柄を作り込まなければできない難役ばかりだった。ところが「女たちの特捜最前線」で演じる京都中央警察署の食堂に勤める嘱託署員は、まさに本人のイメージそのままの「おしゃべり好きな大ざっぱなおばさん」。

 主演の高島礼子(52)演じる総務課職員、宮崎美子演じる広報課職員を加えた3人の“井戸端捜査会議”から事件を解決していく本ドラマは、昨年の「土曜ワイド劇場」枠で視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した好評ミステリーを連続ドラマ化したもの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る