リオ五輪 女子アナ&女性コメンテーターたちの“採点簿”

公開日:  更新日:

 リオ五輪を中継する女子アナや女性コメンテーターの“金メダル”“予選落ち”は誰か。

 現地の特設スタジオにいる女子アナはどれもあたりさわりない印象。中でも物足りないのはフジテレビの宮澤智アナ。

「舌っ足らずで銅メダルが『のうメダル』に聞こえることもあるし、『日本は今、深夜ですけども、ぜひとも目を、バッチリと目を、覚ましてもら……もらいたい』と、噛んで滑舌も悪い。コメンテーターとのトークではただ雑談してるみたいです」(作家の松野大介氏)

 元アスリートではTBSの高槁尚子氏やフジの小谷実可子氏らベテランがイマイチ。「メダルに期待」「いい表情」的なコメントが印象的で、もっと豊かな表現はないものか。

 メダル候補は――。

 NHKの杉浦友紀は男性キャスターが選手のプロフィルを度忘れした時に代わってハキハキと説明していた。NHKのエースらしく、準備も怠りない。競技に詳しくない視聴者にもわかりやすい進行ぶりも心地いい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る