始まった“宇多田ヒカル争奪戦” 東京五輪に向け各局が触手

公開日: 更新日:

 6年にも及んだ“人間活動”を終え、4月に音楽活動を再開した宇多田ヒカル(33)が早速、貫禄を見せつけた。

 同時に配信した2曲の新曲「花束を君に」「真夏の通り雨」がiTunesの総合ソングチャートで1位と2位と同時にランクイン。「花束を君に」はNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌、「真夏の通り雨」は日本テレビ系の報道番組「NEWS ZERO」のエンディングテーマ曲ということもあり、古くからのファンだけでなく、番組を視聴する幅広い層からも新たに支持された結果といえる。

 そんな宇多田の衰えぬ人気を目の当たりにして頭を抱えたのがテレビ局だ。リオ五輪の応援ソングを「宇多田にオファーすればよかった」と悔やんでいるのだ。

 NHKが早々と安室奈美恵の「Hero」を発表したように、各局ともすでに誰が歌唱するかは内定済みの時期。オリンピックイヤーのたびに各局が人気歌手の争奪戦を繰り広げてきたため、選考が前倒しになっていたこともあり、ヒット確実な宇多田への楽曲提供オファーができなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る