• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

始まった“宇多田ヒカル争奪戦” 東京五輪に向け各局が触手

 6年にも及んだ“人間活動”を終え、4月に音楽活動を再開した宇多田ヒカル(33)が早速、貫禄を見せつけた。

 同時に配信した2曲の新曲「花束を君に」「真夏の通り雨」がiTunesの総合ソングチャートで1位と2位と同時にランクイン。「花束を君に」はNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌、「真夏の通り雨」は日本テレビ系の報道番組「NEWS ZERO」のエンディングテーマ曲ということもあり、古くからのファンだけでなく、番組を視聴する幅広い層からも新たに支持された結果といえる。

 そんな宇多田の衰えぬ人気を目の当たりにして頭を抱えたのがテレビ局だ。リオ五輪の応援ソングを「宇多田にオファーすればよかった」と悔やんでいるのだ。

 NHKが早々と安室奈美恵の「Hero」を発表したように、各局ともすでに誰が歌唱するかは内定済みの時期。オリンピックイヤーのたびに各局が人気歌手の争奪戦を繰り広げてきたため、選考が前倒しになっていたこともあり、ヒット確実な宇多田への楽曲提供オファーができなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る