始まった“宇多田ヒカル争奪戦” 東京五輪に向け各局が触手

公開日: 更新日:

 6年にも及んだ“人間活動”を終え、4月に音楽活動を再開した宇多田ヒカル(33)が早速、貫禄を見せつけた。

 同時に配信した2曲の新曲「花束を君に」「真夏の通り雨」がiTunesの総合ソングチャートで1位と2位と同時にランクイン。「花束を君に」はNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌、「真夏の通り雨」は日本テレビ系の報道番組「NEWS ZERO」のエンディングテーマ曲ということもあり、古くからのファンだけでなく、番組を視聴する幅広い層からも新たに支持された結果といえる。

 そんな宇多田の衰えぬ人気を目の当たりにして頭を抱えたのがテレビ局だ。リオ五輪の応援ソングを「宇多田にオファーすればよかった」と悔やんでいるのだ。

 NHKが早々と安室奈美恵の「Hero」を発表したように、各局ともすでに誰が歌唱するかは内定済みの時期。オリンピックイヤーのたびに各局が人気歌手の争奪戦を繰り広げてきたため、選考が前倒しになっていたこともあり、ヒット確実な宇多田への楽曲提供オファーができなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    トマトと並んで人気 キュウリを育てるための2つの注意点

もっと見る