「悶え死ぬ」「深キョンじゃない」深田恭子のビキニ姿に賛否

公開日:  更新日:

 女優の深田恭子(32)が12月10日に発売する写真集「DOWN TO EARTH」(ワニブックス)で披露している水着姿をめぐり、ファンの間で賛否が巻き起こっている。

 同写真集は、サーフィンの聖地ハワイ・オアフ島で8月に撮影されたもの。先行公開ショットでは、純白ビキニを着た深田がサーフィンを乗りこなす姿が披露された。

 深田が「これが今の私」とコメントした引きしまったプロポーションに、ネット上のファンからは、<足の筋肉がいい><悶え死にする!><大人の色気すら感じる>と絶賛の嵐。

 さらに、<10代よりカワイイのでは><まるで若返ったよう>と、磨きのかかった深田のボディーに驚きの声も相次いでいる。

 一方で、往年の深田ファンからは、ツイッターやネット掲示板でこんな声も……。

<むっちりがいいのに……><深キョンの魅力はふくよかさ><しぼって男性的な体型になってしまった><スリムな深キョンは深キョンじゃない>

 肉感的なムッチリ路線が一つのウリだった深田恭子。スリムに引き締まった大人の色気は、吉と出るか凶と出るか、注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る