• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゲス川谷の“呪い”仲間にも…活動自粛で加速する解散危機

 お騒がせミュージシャン・川谷絵音(27)が所属するロックバンド「ゲスの極み乙女。」と「indigo la End」が3日夜、発表されている公演日程の終了後に活動を自粛することを発表した。

 川谷の新恋人として報じられたタレントのほのかりん(19)が、川谷と一緒にバーで未成年飲酒をしていた疑惑が大問題に。両バンドの所属事務所は3日夜の発表で、「川谷絵音が未成年者と飲酒をしていた事実がありました」と認め、活動自粛の理由としている。

 それにしても、罪作りな男だ。ベッキー(32)との不倫騒動で、デビュー前から支えてくれた妻とは離婚。そのベッキーはテレビ界を干されて“開店休業状態”に。さらに今回の一件で、ほのかはNHKのレギュラー番組や舞台を降板することが報じられた。

 川谷はもはや、「かかわると不幸になる」「ゲスの呪い」などと叩かれ放題だが、活動自粛の発表によって、とうとう他のメンバーにまで決定的な影響が及んでしまった、と心配する声も少なくない。これまでも、「脱退も辞さないとするメンバーがいる」「解散危機に瀕している」とバンド内の不満が報じられてきたが、いよいよ待ったなしの状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る