まだ続く高畑裕太事件 被害女性告白で“場外乱闘”に発展

公開日:  更新日:

 騒ぎは収まる気配をまったく見せない。俳優の高畑裕太(23)による強姦致傷事件だ。発売中の「フライデー」が主演舞台を終えた高畑淳子(62)を直撃しているのだが、沈黙を貫きヨロヨロと自宅に入っていったという。すでに示談が成立している案件なのに、なぜ、また騒ぎになっているのか。

 “発端”は発売中の「週刊現代」が、被害者女性のインタビューを載せたことだ。暗に強姦の事実を否定するような「週刊文春」(9月21日発売号)の記事に対し、真っ向から反論。女性は「相手方の弁護士のFAXのコメント内容を知ったとき、全身から血の気が引くのを感じました」「二度目のレイプをされたような気持ちです」などと語っている。

 週刊現代では第2弾も用意しているらしいが、高畑サイドは反論しないことで合意しているという。ただ、このままダンマリを続ければ母・淳子はまた直撃を受けることになるかもしれない。入院中の裕太は今、何を思うのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る