まだ続く高畑裕太事件 被害女性告白で“場外乱闘”に発展

公開日:  更新日:

 騒ぎは収まる気配をまったく見せない。俳優の高畑裕太(23)による強姦致傷事件だ。発売中の「フライデー」が主演舞台を終えた高畑淳子(62)を直撃しているのだが、沈黙を貫きヨロヨロと自宅に入っていったという。すでに示談が成立している案件なのに、なぜ、また騒ぎになっているのか。

 “発端”は発売中の「週刊現代」が、被害者女性のインタビューを載せたことだ。暗に強姦の事実を否定するような「週刊文春」(9月21日発売号)の記事に対し、真っ向から反論。女性は「相手方の弁護士のFAXのコメント内容を知ったとき、全身から血の気が引くのを感じました」「二度目のレイプをされたような気持ちです」などと語っている。

 週刊現代では第2弾も用意しているらしいが、高畑サイドは反論しないことで合意しているという。ただ、このままダンマリを続ければ母・淳子はまた直撃を受けることになるかもしれない。入院中の裕太は今、何を思うのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る