「IQ246」好発進 演技豹変の織田裕二に何が起こったのか

公開日: 更新日:

 その瞬間、思わず「キタ~」と叫んだのが、あの織田裕二――。3年ぶりに民放の連ドラに出演したドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の初回平均視聴率が13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とスタッフから知らされ、織田が跳び上がらんばかりに喜んだという。

 同ドラマは、織田が扮する法門寺沙羅駆が246というIQを駆使し、難事件を解決していく推理ドラマ。共演は沙羅駆を支える新米刑事に土屋太鳳、執事にディーン・フジオカら。

 この視聴率にはTBS上層部も安堵している。

「とにかく織田さんの気合の入れ方が半端じゃなく、いつもと違っています。以前はキャスティングや台本に口出ししていたのに、今回はスタッフの言うがまま。しかも、番宣嫌いで有名だったのに、今回はまるで別人のようにTBSのバラエティーに出演し、PRに協力しました。これで視聴率がシングルだったら目も当てられなかった……」(TBS関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る