「IQ246」好発進 演技豹変の織田裕二に何が起こったのか

公開日:

 その瞬間、思わず「キタ~」と叫んだのが、あの織田裕二――。3年ぶりに民放の連ドラに出演したドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の初回平均視聴率が13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とスタッフから知らされ、織田が跳び上がらんばかりに喜んだという。

 同ドラマは、織田が扮する法門寺沙羅駆が246というIQを駆使し、難事件を解決していく推理ドラマ。共演は沙羅駆を支える新米刑事に土屋太鳳、執事にディーン・フジオカら。

 この視聴率にはTBS上層部も安堵している。

「とにかく織田さんの気合の入れ方が半端じゃなく、いつもと違っています。以前はキャスティングや台本に口出ししていたのに、今回はスタッフの言うがまま。しかも、番宣嫌いで有名だったのに、今回はまるで別人のようにTBSのバラエティーに出演し、PRに協力しました。これで視聴率がシングルだったら目も当てられなかった……」(TBS関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る