• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

斎藤工とラブシーンも 名子役から成長した池松壮亮の13年

 13年ぶりのツーショットを見比べると何だか感慨深い。

 最新主演作「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」(11日公開、エドワード・ズウィック監督)を引っ提げて通算22回目の来日を果たしたトム・クルーズ(54)。

 8日の記者会見には、同監督がメガホンを取った映画「ラストサムライ」(03年)で共演した池松壮亮(26)がサプライズゲストとして登壇。トムはあごひげを生やすまでに成長した元子役を目の前にし、「大きくなったね!」と笑顔で声をかけたのだった。

 超一流のハリウッドスターは「ラストサムライ」がデビュー作だった池松に対し、「当時から素晴らしい俳優だったから、驚きはないよ」と昨今の活躍ぶりを絶賛していた。しかし、単なる演技派ではなく“濡れ場俳優”として活躍するまでに成長しているとは夢にも思わなかっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る