原作ファンから非難の嵐 新「デスノート」期待外れの要因

公開日:  更新日:

 大ヒット映画の話題の続編に早くも黄信号かーー。2006年に前後編が続けて公開され、あわせて興収80億円のメガヒットとなった映画「デスノート」シリーズ。その続編「デスノート Light up the NEW world」の評判が惨憺たる有様だ。

 原作は大場つぐみ(原作)&小畑健(作画)による漫画「DEATH NOTE デスノート」。累計3000万部以上の人気作で、映画以外にもアニメ、小説、舞台、テレビドラマとマルチに展開。海外でも人気で、米国ではNetflixで実写版が製作中だ。

 漫画はすでに完結しており、今作は原作の設定を生かした映画オリジナルのストーリー。舞台は2016年。名前を書かれたものは必ず死ぬ、死神のデスノートを使用した殺人事件が10年ぶりに起こり、池松壮亮演じる世界的探偵の協力のもと、警察の対策本部がその解決にあたる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る