原作ファンから非難の嵐 新「デスノート」期待外れの要因

公開日: 更新日:

 大ヒット映画の話題の続編に早くも黄信号かーー。2006年に前後編が続けて公開され、あわせて興収80億円のメガヒットとなった映画「デスノート」シリーズ。その続編「デスノート Light up the NEW world」の評判が惨憺たる有様だ。

 原作は大場つぐみ(原作)&小畑健(作画)による漫画「DEATH NOTE デスノート」。累計3000万部以上の人気作で、映画以外にもアニメ、小説、舞台、テレビドラマとマルチに展開。海外でも人気で、米国ではNetflixで実写版が製作中だ。

 漫画はすでに完結しており、今作は原作の設定を生かした映画オリジナルのストーリー。舞台は2016年。名前を書かれたものは必ず死ぬ、死神のデスノートを使用した殺人事件が10年ぶりに起こり、池松壮亮演じる世界的探偵の協力のもと、警察の対策本部がその解決にあたる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る