転落から12年 窪塚洋介ついに“ハリウッドへダイブ”の強運

公開日:

 それはそれは久しぶりの大舞台じゃないか。齢73にして、現役バリバリのマーティン・スコセッシ監督ではない、俳優の窪塚洋介(37)のことである。

 19日に行われたハリウッド映画「沈黙―サイレンス―」(来年1月21日公開)の来日会見に主要キャストのひとりとして出席し、「(出演が)決まった時はキツネにつままれたような気持ちでドッキリかと思ったが、今ここに来てようやく現実なのかなと感じる」と、無数のフラッシュを浴びながら感慨深げに語ったのだった。

 作家・遠藤周作の名作であるキリスト教文学「沈黙」が原作。スコセッシ監督と原作の出合いは1988年、敬虔なカトリック教徒ということもあって物語や世界観に感銘を受け、映画化を切望し続けてきたという思い入れたっぷりの一本だ。

 足かけ29年、名匠の最新作とあって、この日、世界で初披露となった15分間の本編上映の際には異例の厳戒態勢が敷かれることに。報道陣には事前に白色のビニール袋が配られ、上映中には録画・録音機能のあるケータイやICレコーダーなどを密封するようにアナウンスされたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る