転落から12年 窪塚洋介ついに“ハリウッドへダイブ”の強運

公開日: 更新日:

 それはそれは久しぶりの大舞台じゃないか。齢73にして、現役バリバリのマーティン・スコセッシ監督ではない、俳優の窪塚洋介(37)のことである。

 19日に行われたハリウッド映画「沈黙―サイレンス―」(来年1月21日公開)の来日会見に主要キャストのひとりとして出席し、「(出演が)決まった時はキツネにつままれたような気持ちでドッキリかと思ったが、今ここに来てようやく現実なのかなと感じる」と、無数のフラッシュを浴びながら感慨深げに語ったのだった。

 作家・遠藤周作の名作であるキリスト教文学「沈黙」が原作。スコセッシ監督と原作の出合いは1988年、敬虔なカトリック教徒ということもあって物語や世界観に感銘を受け、映画化を切望し続けてきたという思い入れたっぷりの一本だ。

 足かけ29年、名匠の最新作とあって、この日、世界で初披露となった15分間の本編上映の際には異例の厳戒態勢が敷かれることに。報道陣には事前に白色のビニール袋が配られ、上映中には録画・録音機能のあるケータイやICレコーダーなどを密封するようにアナウンスされたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る