長澤まさみ表紙 東宝カレンダーに山村紅葉“初起用”のナゼ

公開日:  更新日:

■事務所でも一、二を競う売れっ子女優

「常に候補者のひとりとして挙がっていたのですが、1年半ほど前に17年版の人選を行った際、具体的な話になりました。ご存じのとおり山村は知名度のある女優で、出演本数でいえば、事務所でも一、二を競う売れっ子でもあります。ここ数年は芝居だけでなく、クイズやバラエティー番組にも出演し、新たな視聴者の方々にも認知していただいたことが起用につながりました。本人の努力のたまものといえるかもしれません」

 担当する月はもちろん“紅葉”が色づく11月。京都の景観をバックに何とも艶やかなもみじ柄の着物を披露しているが、この衣装、山村本人の自前だという。カレンダーの公式HPに掲載されているキャッチコピーは、〈山村紅葉です。京(みやこ)のもみじは、きれいでっしゃろ〉。

 季節はずれの姥桜が満開である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る