日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

別居認めたフジ秋元優里アナ 局内で有名だった“相手の男”

 異例の告白だ。フジテレビの秋元優里アナ(33)が20日放送の同局「ワイドナショー」に出演。夫の生田竜聖アナ(28)と別居中で、離婚協議に入っていることを明かしたのだ。秋元アナは3歳の娘を連れて、横浜の実家に戻っているという。

 この一報は先週発売の「フラッシュ」で、別居原因は秋元アナとフジのプロデューサーとの“不倫”が、生田アナにバレたからだと報じている。番組内で、不倫疑惑を問われた秋元アナは「やましいことはない」と否定したが、そりゃそうだろう。離婚協議中に、自らの不貞行為を認める配偶者なんていやしない。認めれば慰謝料も発生するし、自分に不利になるだけだ。

 真相はハッキリしないが、フジ局内の一部では、秋元アナとプロデューサー・A氏の“関係”は有名な話だったという。一体、どんな人物なのか。

「A氏は選挙特番の責任者を任されたり、安藤優子と滝川クリステルがメーンキャスターを務めた『新報道プレミアA』も担当した“報道のエース”です。秋元アナとは結婚前からウワサがあった。秋元アナの結婚を機に関係は消滅したそうですが、秋元アナがキャスターを務める『プライムニュース』に、A氏が異動してきたことで焼けぼっくいに火がついたともっぱらなんです」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事