長澤まさみ表紙 東宝カレンダーに山村紅葉“初起用”のナゼ

公開日: 更新日:

 長澤まさみ(29)がV13を達成! 来年の「東宝カレンダー」の表紙の話である。12年連続で東宝の顔に起用され、沢口靖子(51)の記録を塗り替えたのは昨年の話。2017年版でも危なげなく記録を更新した長澤はトップ女優としての実力を見せつけた格好だが、実は来年のカレンダーには長澤以上にインパクトと話題性のある女優がひとり。“2時間ドラマの裏女王”ともいわれる女優の山村紅葉(56)が初登場しているのだ。

 16年版カレンダーと17年版の違いは、野波麻帆(36)と上白石萌歌(16)に代わり、山村と、来年2本の主演映画の公開を控えるフレッシュな浜辺美波(16)が新しく加わったこと。

 1952年のスタートから60年以上の歴史を持つ同カレンダーは、系列である「東宝芸能」所属の女優以外にも東宝の映画や舞台で活躍している女優を起用することもあるが、山村は“本流”である東宝芸能の所属で芸歴33年の大ベテラン。実績は十分だが、意外にもカレンダーは今回が初登場だという。東宝芸能ではこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る