長澤まさみ表紙 東宝カレンダーに山村紅葉“初起用”のナゼ

公開日:  更新日:

 長澤まさみ(29)がV13を達成! 来年の「東宝カレンダー」の表紙の話である。12年連続で東宝の顔に起用され、沢口靖子(51)の記録を塗り替えたのは昨年の話。2017年版でも危なげなく記録を更新した長澤はトップ女優としての実力を見せつけた格好だが、実は来年のカレンダーには長澤以上にインパクトと話題性のある女優がひとり。“2時間ドラマの裏女王”ともいわれる女優の山村紅葉(56)が初登場しているのだ。

 16年版カレンダーと17年版の違いは、野波麻帆(36)と上白石萌歌(16)に代わり、山村と、来年2本の主演映画の公開を控えるフレッシュな浜辺美波(16)が新しく加わったこと。

 1952年のスタートから60年以上の歴史を持つ同カレンダーは、系列である「東宝芸能」所属の女優以外にも東宝の映画や舞台で活躍している女優を起用することもあるが、山村は“本流”である東宝芸能の所属で芸歴33年の大ベテラン。実績は十分だが、意外にもカレンダーは今回が初登場だという。東宝芸能ではこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る