倉科カナ 落ち目の月9ヒロインのリスクを取って大成功

公開日:

 Hey!Say!JUMPの山田涼介主演の月9ドラマ「カインとアベル」のヒロイン選びは難航したという。最終的に倉科カナで落ち着くまでに、何人もの女優にオファーを出したが、話がまとまらなかったそうだ。

「最初にオファーした戸田恵梨香には、深夜枠のショートドラマ『タイムパトロールのOL』に出演するからと逃げられ、その後も土屋太鳳ら、何人もの女優にオファーしてことごとく断られたと噂されています。断る理由はまちまちでしたが、本音はみんな同じ。低迷するフジテレビの月9に出て“低視聴率女優”の烙印を押されたくないんです。さらに、必ずファンからバッシングされるジャニーズの相手役ですからね。倉科もよく引き受けたなというのが正直な感想です」(テレビ関係者)

 案の定、初回視聴率は月9史上最低記録を塗り替える8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。2回目以降も右肩下がりに視聴率は下がり、第3話ではついに6.9%と爆死。“山田と倉科が仲の良い姉弟にしか見えない”など、ファンが期待していた胸キュンシーンも決まらず、最低記録更新は確実とまでささやかれていたが、第5話で7.6%、第6話で9.0%と盛り返してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る