• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

倉科カナ 落ち目の月9ヒロインのリスクを取って大成功

 Hey!Say!JUMPの山田涼介主演の月9ドラマ「カインとアベル」のヒロイン選びは難航したという。最終的に倉科カナで落ち着くまでに、何人もの女優にオファーを出したが、話がまとまらなかったそうだ。

「最初にオファーした戸田恵梨香には、深夜枠のショートドラマ『タイムパトロールのOL』に出演するからと逃げられ、その後も土屋太鳳ら、何人もの女優にオファーしてことごとく断られたと噂されています。断る理由はまちまちでしたが、本音はみんな同じ。低迷するフジテレビの月9に出て“低視聴率女優”の烙印を押されたくないんです。さらに、必ずファンからバッシングされるジャニーズの相手役ですからね。倉科もよく引き受けたなというのが正直な感想です」(テレビ関係者)

 案の定、初回視聴率は月9史上最低記録を塗り替える8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。2回目以降も右肩下がりに視聴率は下がり、第3話ではついに6.9%と爆死。“山田と倉科が仲の良い姉弟にしか見えない”など、ファンが期待していた胸キュンシーンも決まらず、最低記録更新は確実とまでささやかれていたが、第5話で7.6%、第6話で9.0%と盛り返してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る