日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

倉科カナの“意外な素顔”…5人弟妹の長女、吉野家マドンナ

 18日に行われた「連続ドラマW 天使のナイフ」(WOWOW)制作発表会見に出演者の倉科カナ(27)も出席した。

 保育士役の倉科は、回想シーンで15歳の中学生時代も演じたが、そこではセーラー服を披露。「本物の中学生に交ざってメンタル的に監督に追い詰められたし、寒い中、ハーフパンツに裸足で走らされて体力的にも追い詰められました」と“クレーム”。これに「年代設定ではブルマーの時代だったのに」とガッカリした様子の小出恵介(30)は、初共演を果たした倉科について「嫁というか、小姑みたい。しっかりしていて頼りがいがある」と話した。

 同世代の小出にはしっかりしすぎ感がある倉科だが、これが年上のオジサマにはちょうどいいらしい。現在、17歳上の竹野内豊(44)と交際中。すでに交際期間は1年におよび、竹野内は熱愛が報じられる直前、所属事務所を通じて「倉科さんとは、親しくさせていただいております」と堂々の交際宣言をしている。ゴールインも目前といわれている2人。17年の年齢差を埋める倉科の魅力とは何なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事