評論家ラリー遠田氏が見たM-1王者・銀シャリの勝因と将来

公開日: 更新日:

「昨年は2位で惜しくも涙をのんだ。3度目の決勝で大本命の優勝といっていいでしょう」

 とは、お笑い評論家のラリー遠田氏。4日にABC・テレビ朝日系で生放送された漫才頂上決戦「M―1グランプリ2016」で第12代王者の座に輝いた「銀シャリ」(鰻和弘=33、橋本直=36)についての寸評だ。

 ファイナリスト9組は例年以上に粒ぞろいで、画面から会場の白熱かつ緊迫した空気を感じた視聴者は多かったのではないか。その中で銀シャリが勝ち得た理由は、ずばり「王道」だ。

 最近の漫才の傾向は話の途中でネタやストーリー設定を挟み込む「コント漫才」や「漫才コント」といわれるスタイルが目立つが、「銀シャリの2人は話芸だけで笑いを追求する王道漫才。そのぶん、ネタもしゃべりもクオリティーの高さが求められますが、彼らはいずれも兼ね備えている。ドレミの歌とか誰もが知っている材料を使って、きちんと笑わせる。衣装ひとつとってもレトロな昭和感が漂うなど、郷愁を誘うところも持ち味のひとつ。大阪の年配客の多い劇場で場数を踏み、鍛えられた成果ともいえるのではないでしょうか」(前出のラリー氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る