評論家ラリー遠田氏が見たM-1王者・銀シャリの勝因と将来

公開日:

「昨年は2位で惜しくも涙をのんだ。3度目の決勝で大本命の優勝といっていいでしょう」

 とは、お笑い評論家のラリー遠田氏。4日にABC・テレビ朝日系で生放送された漫才頂上決戦「M―1グランプリ2016」で第12代王者の座に輝いた「銀シャリ」(鰻和弘=33、橋本直=36)についての寸評だ。

 ファイナリスト9組は例年以上に粒ぞろいで、画面から会場の白熱かつ緊迫した空気を感じた視聴者は多かったのではないか。その中で銀シャリが勝ち得た理由は、ずばり「王道」だ。

 最近の漫才の傾向は話の途中でネタやストーリー設定を挟み込む「コント漫才」や「漫才コント」といわれるスタイルが目立つが、「銀シャリの2人は話芸だけで笑いを追求する王道漫才。そのぶん、ネタもしゃべりもクオリティーの高さが求められますが、彼らはいずれも兼ね備えている。ドレミの歌とか誰もが知っている材料を使って、きちんと笑わせる。衣装ひとつとってもレトロな昭和感が漂うなど、郷愁を誘うところも持ち味のひとつ。大阪の年配客の多い劇場で場数を踏み、鍛えられた成果ともいえるのではないでしょうか」(前出のラリー氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る