• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

活動停止、パニック障害…中川家“完全復活”までの凸凹道

 11日、お笑いコンビ「中川家」の礼二(44)が神奈川・パシフィコ横浜で開かれる「世界鉄道博2016」のオフィシャルサポーターに就任した。

 鉄道マニアで知られる礼二は板についた駅員姿で登場すると、「芸人を辞めて鉄道関係の会社に入りたい。こんな大々的な(鉄道の)仕事は意外となかった。こまごましたやつはありますけど」とビッグビジネスに大喜び。“鉄オタ”が高じて現在は鉄道関係のレギュラー番組3本を抱えるだけに、感無量の様子だった。

 しかし、ここまでの道のりは平坦ではなかった。2001年に「M―1グランプリ」の初代王者に輝いた「中川家」の漫才は年末年始の風物詩に。しかし知名度も人気も着実に上がっていたさなかの2003年2月末、事件は起きた。

 広島のテレビ局で収録後、礼二とマネジャーは地元の繁華街でハシゴ酒。兄の剛(45)はホテルに帰っていたが、3軒目に向かう道中で女性2人組に声をかけられた礼二らは一緒にバーへ飲みに行くことに。そこで「ネタをして」とせがまれ、ツッコミ感覚で頭をゲンコツでポカリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  8. 8

    フィギュアスケート日野龍樹さんの好物は目玉焼きのせご飯

  9. 9

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る