活動停止、パニック障害…中川家“完全復活”までの凸凹道

公開日:  更新日:

 11日、お笑いコンビ「中川家」の礼二(44)が神奈川・パシフィコ横浜で開かれる「世界鉄道博2016」のオフィシャルサポーターに就任した。

 鉄道マニアで知られる礼二は板についた駅員姿で登場すると、「芸人を辞めて鉄道関係の会社に入りたい。こんな大々的な(鉄道の)仕事は意外となかった。こまごましたやつはありますけど」とビッグビジネスに大喜び。“鉄オタ”が高じて現在は鉄道関係のレギュラー番組3本を抱えるだけに、感無量の様子だった。

 しかし、ここまでの道のりは平坦ではなかった。2001年に「M―1グランプリ」の初代王者に輝いた「中川家」の漫才は年末年始の風物詩に。しかし知名度も人気も着実に上がっていたさなかの2003年2月末、事件は起きた。

 広島のテレビ局で収録後、礼二とマネジャーは地元の繁華街でハシゴ酒。兄の剛(45)はホテルに帰っていたが、3軒目に向かう道中で女性2人組に声をかけられた礼二らは一緒にバーへ飲みに行くことに。そこで「ネタをして」とせがまれ、ツッコミ感覚で頭をゲンコツでポカリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る