活動停止、パニック障害…中川家“完全復活”までの凸凹道

公開日: 更新日:

 11日、お笑いコンビ「中川家」の礼二(44)が神奈川・パシフィコ横浜で開かれる「世界鉄道博2016」のオフィシャルサポーターに就任した。

 鉄道マニアで知られる礼二は板についた駅員姿で登場すると、「芸人を辞めて鉄道関係の会社に入りたい。こんな大々的な(鉄道の)仕事は意外となかった。こまごましたやつはありますけど」とビッグビジネスに大喜び。“鉄オタ”が高じて現在は鉄道関係のレギュラー番組3本を抱えるだけに、感無量の様子だった。

 しかし、ここまでの道のりは平坦ではなかった。2001年に「M―1グランプリ」の初代王者に輝いた「中川家」の漫才は年末年始の風物詩に。しかし知名度も人気も着実に上がっていたさなかの2003年2月末、事件は起きた。

 広島のテレビ局で収録後、礼二とマネジャーは地元の繁華街でハシゴ酒。兄の剛(45)はホテルに帰っていたが、3軒目に向かう道中で女性2人組に声をかけられた礼二らは一緒にバーへ飲みに行くことに。そこで「ネタをして」とせがまれ、ツッコミ感覚で頭をゲンコツでポカリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る