活動停止、パニック障害…中川家“完全復活”までの凸凹道

公開日: 更新日:

 11日、お笑いコンビ「中川家」の礼二(44)が神奈川・パシフィコ横浜で開かれる「世界鉄道博2016」のオフィシャルサポーターに就任した。

 鉄道マニアで知られる礼二は板についた駅員姿で登場すると、「芸人を辞めて鉄道関係の会社に入りたい。こんな大々的な(鉄道の)仕事は意外となかった。こまごましたやつはありますけど」とビッグビジネスに大喜び。“鉄オタ”が高じて現在は鉄道関係のレギュラー番組3本を抱えるだけに、感無量の様子だった。

 しかし、ここまでの道のりは平坦ではなかった。2001年に「M―1グランプリ」の初代王者に輝いた「中川家」の漫才は年末年始の風物詩に。しかし知名度も人気も着実に上がっていたさなかの2003年2月末、事件は起きた。

 広島のテレビ局で収録後、礼二とマネジャーは地元の繁華街でハシゴ酒。兄の剛(45)はホテルに帰っていたが、3軒目に向かう道中で女性2人組に声をかけられた礼二らは一緒にバーへ飲みに行くことに。そこで「ネタをして」とせがまれ、ツッコミ感覚で頭をゲンコツでポカリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る