「さんまのまんま」終了で浮彫り 若手芸人の明日なき実態

公開日:  更新日:

 明石家さんま(61)のバラエティー番組「さんまのまんま」のレギュラー最終回が25日、フジテレビ放送エリアでオンエアされ、31年半の歴史に幕を閉じた。

 終了の理由について、さんまは8月にラジオ番組で「もう制作費が出ないんですね。今の放送局は不景気だから、申し訳ないでしょ。オレ、ギャラが高いねんな。頑張って下げたりもしたんですけど、もう下げ切れずという感じ」と明かし、

「オレはギャラなしでしゃべってもええねんけど、後輩たちが『さんまさん、ギャラ取ってないのに何や』ということになる。その辺がいつも後輩に怒られるところで。『(ギャラを)下げないでくれ』『そうじゃないと我々が給料上げてくれと言えない』と。みんなも生活があるから。この辺はものすごい悩みどころ」と吐露していた。

■制作費削減で大物は敬遠、若手は使い倒し

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る