• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「さんまのまんま」終了で浮彫り 若手芸人の明日なき実態

 明石家さんま(61)のバラエティー番組「さんまのまんま」のレギュラー最終回が25日、フジテレビ放送エリアでオンエアされ、31年半の歴史に幕を閉じた。

 終了の理由について、さんまは8月にラジオ番組で「もう制作費が出ないんですね。今の放送局は不景気だから、申し訳ないでしょ。オレ、ギャラが高いねんな。頑張って下げたりもしたんですけど、もう下げ切れずという感じ」と明かし、

「オレはギャラなしでしゃべってもええねんけど、後輩たちが『さんまさん、ギャラ取ってないのに何や』ということになる。その辺がいつも後輩に怒られるところで。『(ギャラを)下げないでくれ』『そうじゃないと我々が給料上げてくれと言えない』と。みんなも生活があるから。この辺はものすごい悩みどころ」と吐露していた。

■制作費削減で大物は敬遠、若手は使い倒し

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る