日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「さんまのまんま」終了で浮彫り 若手芸人の明日なき実態

 明石家さんま(61)のバラエティー番組「さんまのまんま」のレギュラー最終回が25日、フジテレビ放送エリアでオンエアされ、31年半の歴史に幕を閉じた。

 終了の理由について、さんまは8月にラジオ番組で「もう制作費が出ないんですね。今の放送局は不景気だから、申し訳ないでしょ。オレ、ギャラが高いねんな。頑張って下げたりもしたんですけど、もう下げ切れずという感じ」と明かし、

「オレはギャラなしでしゃべってもええねんけど、後輩たちが『さんまさん、ギャラ取ってないのに何や』ということになる。その辺がいつも後輩に怒られるところで。『(ギャラを)下げないでくれ』『そうじゃないと我々が給料上げてくれと言えない』と。みんなも生活があるから。この辺はものすごい悩みどころ」と吐露していた。

■制作費削減で大物は敬遠、若手は使い倒し

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事