日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

瀕死サンミュージックの“神風”に メイプル超合金の快進撃

 瀕死のサンミュージックにまたしても“神風”が吹いている。

 23日、「PILOTアクロボール」のイベントに出席したお笑いコンビ「メイプル超合金」。真っ赤な彦星の衣装で登場したカズレーザー(31)は「モンゴル相撲を意識した」という織姫姿の安藤なつ(35)に向け、短冊に「長生き」とつづった。

 理由を聞かれると「イスに座って5秒くらいで寝る。自分の体にガタがきてることを自覚してるんでしょうね。寝言で『大丈夫!』って言うんですよ。それダメなやつでしょ!」と相方の極度の疲労を暴露。安藤も「すぐに記憶がなくなっちゃう」と嘆いていた。

 事務所の担当者によれば、「『M―1』直後に比べたら休みもあるので、寝る間もなく働いているという感じでもない。(安藤の疲労は)太っているから疲れが倍増しているだけ」だそうだが、昨年の「M―1グランプリ」で決勝に進出して以降、テレビやイベントに引っ張りだこの大人気。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事